4 歯 の 組織 2024

歯 の 組織. エナメル質、セメント質の内側にあり、歯髄腔(一般に神経といわれている部分)との壁をなす 最も厚い硬組織層 で、歯の組織の主体となる部分です。 エナメル質よりも柔らかく(モース硬度5〜6)、 エナメル質同様酸に溶けやすい です。

「歯周病」とは~その原因と症状~ Lidea(リディア) by LION from lidea.today

エナメル質、セメント質の内側にあり、歯髄腔(一般に神経といわれている部分)との壁をなす 最も厚い硬組織層 で、歯の組織の主体となる部分です。 エナメル質よりも柔らかく(モース硬度5〜6)、 エナメル質同様酸に溶けやすい です。

2

エナメル質、セメント質の内側にあり、歯髄腔(一般に神経といわれている部分)との壁をなす 最も厚い硬組織層 で、歯の組織の主体となる部分です。 エナメル質よりも柔らかく(モース硬度5〜6)、 エナメル質同様酸に溶けやすい です。